「永久脱毛」の定義とは?

患者様無料サポート窓口 無料カウンセリング予約
「永久脱毛」の定義とは?

サロンやクリニックでよく目にする「永久脱毛」という言葉。イメージするのはどんな脱毛でしょうか。実際に米国電気脱毛協会が定めている「永久脱毛」の定義を確認してみましょう。

永久脱毛は永久じゃない!?毛の再生率が20%以下で認定!

「永久脱毛」とは、一般的に最後の照射が完了した後、毛が20%以上生えてこない状態です。この定義は、アメリカ最大の電気脱毛の団体である米国電気脱毛協会によって定められたものです。
「永久」という言葉が使われているため、完了後は全く毛が生えてこないと信じている人も多いかもしれません。しかし、実際には「永久」に毛が生えない状態にするのは難しく、多少の毛の再生は避けられません。

理想の脱毛を追求するなら医療レーザー脱毛!

脱毛をするからには、毛の生えていない状態をできるだけキープしたいもの。サロンでの光脱毛、自宅での毛抜きやシェービングなど、脱毛を行う手段はたくさんありますが、「永久脱毛」と呼べるのはクリニックで行う医療レーザー脱毛だけです
とはいえ、医療レーザー脱毛は1回では完了しません。回数を重ね、丁寧に確実に、毛を生成する組織である毛母細胞や毛乳頭(毛を生成する組織)を破壊しています。これらの組織は、一度破壊されると再生することはありません。

医療レーザー脱毛の効果について>>


サロンや家庭で使用する脱毛器の中にも、レーザーで脱毛するものがあります。しかし、それらは安全性を考慮し、出力が弱く設定されているため毛母細胞や毛乳頭を破壊するまでの威力はありません。体の組織を破壊する行為が認められているのは医師のみ。それ以外の人が行うと法律違反になります。そのため、クリニックで行う医療レーザー脱毛以外の方法は、正しく言うと「減毛」「抑毛」になります。
これらの方法は、クリニックでの永久脱毛と比べるとかなりリーズナブル。価格を安く抑えたい方は検討してみてもいいかもしれません。

より効果的に永久脱毛がしたい!

永久脱毛の効果は、その仕組みをしっかり理解することで変わってきます。医療レーザー脱毛は、毛の黒色(メラニン色素)にレーザーを反応させ、毛根を破壊して脱毛する方法。そのため、成長期の毛である、その時に生えている毛にのみ効果があります。
生えている毛は、実は全体の毛の30~40%程度。そのため、1回だけの施術ですべての脱毛を行うことはできず、毛周期に合わせて複数回、施術を行う必要があります。

毛の生え変わるサイクル=毛周期とは>>

効果的に脱毛を行うためには、照射を行うタイミングをしっかりと見極めなければなりません。少しでも早く脱毛を終わらせたいからと、成長期の毛が少ないうちに照射を行っても、結果的にお金と時間が余計にかかってしまう場合も。
効果的に永久脱毛を進めるためには、毛周期をよく考慮し、スケジュールを組むことが大切です。

脱毛の有効期限はたっぷり5年間!

脱毛コースには有効期限が設定されている場合が多いです。クリニックによっては、その期限が1年間に設定されている場合も。しかし、一般的に毛周期は2~3カ月と言われており、1年では脱毛を完了させるのが難しい方もいらっしゃいます。
当院の脱毛コースでは、有効期限を5年にさせていただきました。どんなに毛周期が長い方でも、余裕たっぷりなので安心です。
また当院では、患者様それぞれの毛周期をしっかり見極めて、最適なスケジュールを作成いたします。